お酒がはげの原因になる

お酒がはげの原因になる

 

寝酒、注意が必要です!

 

眠れないときこそ、寝酒!・・・な〜んてお酒に頼って寝ようとする時はありませんか?
実はこのようにお酒を飲むことにより、きちんと睡眠をとることが出来るように思いがちな方も多いかと思います。
ですがお酒を飲むことにより眠りが浅くなってしまうようですよ。
アセトアルデヒドという物質はご存知でしょうか。実はこれ、アルコールを分解すると発生するモノで、実はこれは毒性物質なのだとか。
私たちの体は体内にアルコールが入ることで、そのアルコールを分解するように働きかけてくれるわけなのですが、このアセトアルデヒドは眠りを浅くするといわれています。

 

ですから一見睡眠をしっかりととることが出来ているように思えても、実は浅い眠りで、しっかりと質の良い睡眠をとることが出来なくなってしまうというわけなんですね!

 

質の良い睡眠をとることが出来なければ、ホルモンバランスが乱れる状態を引き起こしてしまい、睡眠不足で男性ホルモンが増加してしまう事へもつながるので、やはり睡眠もハゲが気になるのであれば、お酒の飲みすぎには注意したほうがよさそうです。

 

飲酒と薄毛の関係とは!?

お酒は適度にたしなむのならまだしも、過度な飲酒はやはり薄毛になりやすい物質を増やすことにもつながってしまう場合があるようです。
実はアセトアルデヒド自体にも、男性の薄毛の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を増加させてしまうという働きを持っているようなんですね・・・。

 

ではこのDHT(ジヒドロテストステロン)が増加していってしまうとどうなるのでしょうか。
私たちの髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、これに沿って髪の毛は一定の周期でのたどりをみせるのですが、このヘアサイクルが乱れる状態を引き起こしてしまうのです!
つまりこのヘアサイクルが乱れることにより、薄毛状態を引き起こしてしまうことになるというわけなんですね。

 

お酒が大好きという方の気持ちもわからなくはないですが、やはり薄毛が気になるのであれば大好きなお酒も適度にたしなむ程度で楽しむことも髪の毛のことを考えるのなら大切なのではないでしょうか。

 

自分の髪の毛と、そのひと時の過度な飲酒の楽しさ・・・あなたはどちらを選びますか?

 

アセトアルデヒドがアミノ酸やビタミンの消費を促進!?

これだけでも十分アセトアルデヒドが与える髪の毛への影響力は怖ろしい!
・・・このように実感された方も少なくないはずです。
ですがまだまだ、アルコールを分解する際に発生してしまうアセトアルデヒドによる髪の毛への影響はこれだけではありません!

 

アルコール自体を分解する際に発生してしまうアセトアルデヒドも、体の中で酢酸にしっかりと分解されるようになっているようなのですが、やはりこのアセトアルデヒドの分解をする働きには栄養素が必要となってきます。

 

その栄養素というのが、アミノ酸やビタミンなのですがこの栄養素もそれなりの量が必要だといわれているようです。
アミノ酸やビタミンは、髪の毛にとっても欠かすことができない栄養素であることはもうご存知かと思います。
・・・そうなんです!つまり、アセトアルデヒドを分解する際に髪に必要なアミノ酸やビタミンが消費される状態を自ら引き起こしてしまっている、というわけなんですね。

 

これらの髪の毛に必要な栄養素がここで消費されてしまうと、どうなるのかはもうご存知の通りです。
髪の毛に必要な栄養素が足りなくなってしまい、薄毛へとつなげてしまいます。

 

このように栄養に対しても影響を与えてしまうなんて、やはりしっかりと薄毛が気になるのなら、意識したいところですよね。

 

亜鉛とアルコールの関係

髪の毛にはミネラルも欠かせない栄養であることはもうご存知かと思います。
そんなミネラルのひとつである亜鉛も、実はアルコールの分解には欠かせない栄養素であるということはご存知ですか?
ですからお酒を飲みすぎてしまえばしまうほど、アルコールの分解に亜鉛も消費される状態につながります。

 

そもそも亜鉛は、毛母細胞の活性化を図るうえでは欠かすことができない栄養素の一つだといわれています。
髪の毛に対してもとても重要な役割を担っている亜鉛を、アルコールの分解で消費してしまうと、やはり亜鉛不足になってしまい、影響を与えてしまう可能性もあると言えてしまいますよね。

 

特にこういった亜鉛をはじめとしたミネラルは、日頃からベストな量を摂取することも難しい栄養素であるわけですからこのことを踏まえるとより一層、亜鉛不足状態になってしまうということもいえるのではないでしょうか。
貴重な亜鉛という栄養素はやはりアルコールの分解に無駄に消費してしまうのではなく、きちんと毛母細胞の活性化に役立て、

 

気になる薄毛のリスクをこれ以上引き上げないようにしたいものですよね!

 

やっぱり食事は栄養面が基本なんです!

お酒を飲むことにより、体内に入ったアルコールの分解へ私たちの体はしっかりと働きかけてくれるのですが、やはりその際には、ただ働きかけてくれるだけではなくそれなりの代償というものがついてくるということがわかりました。

 

中でも、特に薄毛が気になる方にとっては髪の毛にとっても欠かすことができない栄養素であるアミノ酸やビタミン、亜鉛といった栄養素が大量に消費されてしまうのはかなり問題ですよね。
アルコールが体内に入らなければアルコールの分解にこれらの栄養素が大量消費されず、髪の毛に栄養として届けることができるということを考えると、過度な飲酒などはとてももったいない行為であるようにも思えませんか?

 

お酒が大好きな人は、確かにお酒を飲むこと自体を完璧にシャットアウトすること自体は難しいかと思います。

 

ですが、だからといって常日頃から過度な飲酒ばかりを繰り返すことは良いことであるとはいえませんし、髪の毛だけではなく健康に対してもリスクがつきまとってしまいますよね。
だからこそ、特にお酒を飲む方は食生活にも配慮した生活を送ってみることも大切なのではないでしょうか。

 

自分にとってベストな栄養バランスを意識した食生活を心がけるのです。
特にきちんと日頃から不足した栄養素は食事で補いましょう。

 

このように自分の食生活での栄養面を意識して摂取するだけでも、だいぶ違うと思いますよ。