男のハゲの原因

男のハゲの原因

 

男性ホルモンも、ハゲの原因になっている!?

とにかく自分のハゲについて、年齢が上がるにつれて気になってきた・・・という方も多いのではないでしょうか。
そんなハゲの原因の一つに男性ホルモンが関係している場合もあるということはご存知ですか?
男性ホルモンには、テストステロンと呼ばれるものがあるのだそうです。
テストステロンは、男性ホルモンの一種であるわけですから、男性の性欲や体毛に対しても影響を与えているホルモンとして
捉えることができるといわれていますよね!
ですがこのテストステロンが、5αリダクターゼと結合されてしまうことにより、ジヒドロテストステロンというものが
作られてしまうようなのですが、これがどうやらこの男性ホルモンが原因のハゲにつながっているといわれています。
このままただ結合されてジヒドロテストステロンが作られてしまうだけで、何も影響が出なければいいのですが、やはり現実は
そうはいかないようなんですね。
実は、ジヒドロテストステロンは、毛母細胞の働きを低下させてしまいます。
毛母細胞の働きがスムーズではない状態になってしまいますとやはりヘアサイクルの乱れにも影響が出てきてしまうのですから、
この辺りからもハゲの原因としてとらえられている、というわけなのです。

 

やっぱりシャンプーのしすぎは、ハゲに良くない!

男性ホルモンだけが原因となり、ハゲを引き起こしてしまっているというわけではありません。
実はあなたの日常生活での行動によりハゲを引き起こしてしまっている場合もあるようです。
中でも注意してほしい行動のひとつに、「シャンプーのしすぎ」があります。
特にシャンプーは、頭皮や髪の毛に対して直接的に影響を与える行動でもありますよね。
中にはシャンプーをたくさんすることにより、しっかりと頭皮環境を清潔に保つことができると考えてしまう方もいるようですが、
やはりこれは大きな勘違いなのです!!
逆に、シャンプーのしすぎにより頭皮の皮脂を取り除きすぎてしまい、頭皮環境の悪化のリスクを高めてしまい、薄毛や抜け毛のリスクを
高めてしまう場合もあるといわれています。
また、このようなシャンプーのしすぎによるものだけではなく、直接的に使用しているシャンプーやリンスが原因となっている場合も
あるようです。
特に、自分の頭皮に合わないシャンプーやリンスでヘアケアに取り組んでいる際には、やはり頭皮環境の悪化を招いてしまいます。
またそれだけではなくやはり成分的にも合成界面活性剤など、頭皮や髪の毛に対して気になる成分が配合されているものを使いすぎるのも
考えものなのではないでしょうか。
しっかりと自分が行っているシャンプーの習慣を見直し、頭皮マッサージなどでしっかりと頭皮や髪の毛をいたわる生活を送るということも
大切なことだといえますよね。

 

生活習慣もハゲにかなり影響が

あなたの生活習慣がハゲの原因を作り出している可能性もあるということはご存知でしょうか?
特にストレスをかなり抱え込んでいる方は、やはり血行不良状態を引き起こしてしまっている可能性も高いということが
考えられますよね。
この状態はやはり頭皮環境に対しても良い影響を与えることが出来ているとは言えない状態だと思います。
特に血流がスムーズではない状態ですと、毛母細胞にまでしっかりと血流により影響を送ることができず、
栄養不足により薄毛を引き起こしてしまっている可能性もあると考えることができます。
対策方法としては、やはりストレスをためないことも大切なのですが、こまめに運動をする習慣を取り入れ、血流の改善に
取り組んでみることをおすすめします!
また、それだけではなく、頭皮マッサージを取り入れる習慣もスタートしてみてはいかがでしょうか。
頭皮マッサージを取り入れることにより、より毛母細胞はもちろんのこと、頭頂部に対してもしっかりと血流を促すことが
目指せるのでおすすめです。
ぜひ、自分なりに生活習慣を工夫して、ハゲを防いてでみてくださいね!

 

ハゲの遺伝、どうなってるの?諦めていいの?

生活習慣などはやはり自分自身で何とか改善方法に取り組むことができるものの、遺伝に関してはやはり気がかり・・・という
方も多いのではないでしょうか。
やはり遺伝が原因のハゲは、遺伝だから仕方がない、などという理由であきらめを抱いている方も多いようですね。
意外とこういった遺伝によるハゲは父親の遺伝を引き継いでしまっていると考えている方が多いようですが、実は父親ではなく母方の
X染色体が影響しているのではないかといわれているのだそうです。
男性ホルモンのひとつであるテストステロンは、5αリダクターゼと結合されてしまうことにより、ハゲの原因とも言われているジヒドロテストステロンが
作られてしまうというのはもうご存知かと思います。
この遺伝が原因のハゲはつまり、ジヒドロテストステロンが作られやすいのか・作られにくいのかに対し影響として現れると
考えられており、これが遺伝が原因のハゲひとつとしてとらえられているようです。
ちなみにそれだけではなく、X染色体に対しての受容体遺伝子の変異も発見されたという研究結果も発表されているようなので、
やはりこのようにX染色体のハナシなしに遺伝が原因のハゲは語ることができないということがこれでよくわかりますよね。
ですが、遺伝があるからといって絶対的にハゲる未来が保証されているというわけではないようなんです!
あくまで遺伝が原因となり、可能性が高まるということで、絶対にハゲ!というわけではないとも言われています。
ですからより遺伝が原因のハゲの可能性がある方は、より自らが引き起こした生活習慣でハゲを引き起こさないようにすることも
大切だといえるのではないでしょうか。

 

睡眠とハゲ、やっぱり深く関係していた!

睡眠、あなたはきちんととることが出来ていますか?
やはり忙しい生活を送っているとどうしても削るべき時間は睡眠時間!という方も少なくないかと思います。
ですが特に睡眠時間の中でも22時から2時の時間帯は成長ホルモンが特に分泌されるとても貴重な時間だと言われており、
この時間は育毛を目指す方においてもかなり貴重な睡眠時間としてとらえることができるのです。
またそれだけではなくしっかりと睡眠をとれない生活が続いてしまいますと、自律神経を乱すことにもつながり、
育毛に対してのみならず健康に対しても良い影響を与えることは難しくなります。
このほかにも様々なストレスを抱え込んだりしていたり、生活習慣が乱れている方は特に自律神経を乱してしまいがちなのではないでしょうか。
これらのことが原因で、血行不良状態に陥ってしまいますと、やはり毛母細胞にきちんと栄養を送り届けることができなくなってしまいます。
特に若いからに発症してしまうといわれている若年性脱毛症のリスクも高まってしまうわけですから、やはり注意が必要ですよね。
やはり睡眠は健康な髪の毛はもちろんのこと、体に対しても基本中の基本です!
きちんと良質な睡眠を日頃からとる生活を心がけ、育毛環境を整えることができる生活を目指してみてくださいね。