高校生のハゲの原因

高校生のハゲの原因

 

意外や意外!?高校生も男性型脱毛症になるって本当?

何となく、男性型脱毛症によるハゲといえば、高校生というよりは成人しきった男性の方々が悩まされるハゲの症状のひとつとして
捉えがちなように思えますよね。
しかしながら、実はそんな男性型脱毛症は高校生のハゲの症状のひとつとしてもとらえられてしまうようなんです・・・!
特に高校生の中には、ついつい夜更かしをしてしまうという方も多いかと思いますが、この夜更かしが
影響し、成長ホルモンの分泌が減ってしまっている場合もあるのだそうです。
特に成人男性と比較してみてもわかる通り、高校生といえばやはり成長ホルモンがより分泌されている世代としても
捉えることができるわけですから自らの睡眠不足により、成長ホルモンの分泌を減らしてしまうなんて、とてももったいないことだと
思いますよね。
それでいてさらにこのことが関係し、自らハゲの悩みを作り出してしまっているなんて、とてももったいないと思いませんか?
それ以外にも、やはり日頃からついつい友達と集まるファーストフードなどでファーストフードをたくさん食べてしまい、
栄養バランスが乱れているという方もいるのではないでしょうか。
このような方も、やはりしっかりと髪の毛にとっても大切な栄養が不足してしまっている状態や、油分が多い食べ物ばかりを
摂取していることからドロドロな血液になってしまい、スムーズに毛母細胞にまで栄養を送ることが難しくなってしまうことが
関係してしまうことから、このことが原因となりハゲの悩みを抱えてしまっているという場合もあるようです。
しっかりと、生え際が気になりだしたのなら、上記のような様々な生活習慣の乱れの改善を目指し、育毛剤などを活用し、
とにかく早くケアに取り組むことも大切だと思います。

男性型脱毛症は、やはり高校生だから関係ない!というわけではないようですね。
だからこそ、気になったのならやはり早めに対策をすることが何よりも大切だということがよくわかります。

 

高校生ハゲ〜若年性脱毛症が原因の場合〜

若年性脱毛症は、実は高校生のハゲの原因のひとつとしてもとらえられているようです。
この若年性脱毛症は、生活習慣はもちろんのこと、やはり男性ホルモンの影響も関係しているといわれている脱毛症なのだそうです。
多くの男性が悩みを抱えている男性型脱毛症は、ジヒドロテストステロンが関係しているもののようですが、実はこの
ジヒドロテストステロンは、この高校生に対しての薄毛の原因としてしっかりと関係している場合があるのだそうです。
特に、このことが原因となり、ヘアサイクルの乱れを引き起こしてしまい、若年性脱毛症となってしまった場合もあるといわれているようなので、
やはり高校生だからといって、この辺りも油断は禁物であるということがよくわかりますね。
また、それ以外にもやはり睡眠不足な日々を送っていることから、成長ホルモンがしっかりと分泌されにくくなってしまい、ホルモンバランスが
乱れてしまうということも原因のひとつとしてあげられるようです。
特に高校生は成長期でもわるわけですから、成長ホルモンを意識してしっかりとより睡眠については配慮して生活に取り入れて
欲しいものですよね。
そんな高校生のハゲの原因の一つとも言われている若年性脱毛症が気になってしまったのなら、やはり育毛剤を活用してケアをするという
ことも大切なのですが、それ以外にも治療を受けてみるのも方法の一つであるように思えます。
特に高校生は、ハゲの悩みで治療を受けるなんていうこと自体が恥ずかしいように思えるかもしれませんが、やはり将来の自分のことを
考えてみると、しっかりと育毛剤でケアを心がけるだけではなく、治療も視野に入れてみることも大切なのではないでしょうか。

 

高校生ハゲ〜シャンプー方法が原因の場合〜

高校生のハゲについても、やっぱりシャンプー方法が原因でハゲてしまっている場合もあるようなんです!!
中には、シャンプーの成分に対してあまり意識を向けず、合成界面活性剤などの気になる成分がたくさん入っているシャンプーを
毎日活用している方も多いかと思います。
特に、高校生はいきなりおしゃれに芽生えた!という方も少なくないことから夜だけではなく朝もシャンプーに取り組み、1日2回の
シャンプー習慣を開始させる方もいるかと思います。
ですが、やはり日ごろから気になる成分ばかりが配合されているシャンプーでシャンプーに取り組んでしまうことにより、
頭皮環境の悪化を引き起こしてしまい薄毛へのリスクを高めてしまうという状況は、とてももったいないですよね。
しっかりと、特に薄毛が気になっている高校生の方ならなおさら、合成界面活性剤などが配合されているシャンプーではなくアミノ酸系の
シャンプーで、髪の毛や頭皮をいたわりながらシャンプーをする習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか。
また、1日2回のシャンプーで頭皮や髪の毛に負担をかけるのではなく、しっかりと回数についても見直し、シャンプーする生活習慣を
取り入れ、ヘアケアに取り組んであげることで頭皮環境の改善や薄毛の改善を目指すことへもつなげられると思うので、
この辺りもしっかりと意識してみることをおすすめします。
やはり高校生の頃から、ハゲが気になってしまっては将来とても不安ですよね。
だからこそ、高校生のうちから早めの対策でしっかりと薄毛対策に取り組んでほしいと思います。

 

高校生ハゲ〜睡眠不足が原因の場合〜

中学生の頃と比べると、やはり高校生になった際にはついつい日ごろから睡眠不足状態な日々を過ごしてしまう
傾向にあるのではないでしょうか。
そんな睡眠不足状態な日々ばかりを繰り返してしまいますと、残念なことに高校生のハゲの原因につながってしまう
可能性もがあるといわれているようです・・・。
特に、成長ホルモンは夜の10時から2時くらいまでがとにかく分泌されているようなのですが、特に高校生の時期はより
一層その成長ホルモンの分泌に対しても期待をすることができる時期でもありますよね。
また、このような成長ホルモンの分泌の低下だけではなく、血流も悪くなってしまうとも言われているようです。
血流が悪い状態ですと、やはり毛母細胞に対して栄養を送ることができなくなってしまい、栄養不足による
ハゲの悩みを引き起こしてしまうわけですから注意が必要ですよね。
このほかにもやはり生活習慣として、栄養バランスの乱れがある方はより栄養不足状態であるわけですから、
栄養に対してもより配慮が必要であるとも考えられるのではないでしょうか。
また、ストレスをためがちな状態もハゲの原因にやはりつながってしまうようなので、ストレスに対しても配慮することも
大切だといわれています。
睡眠不足をはじめとし、このように高校生のハゲに対しても実に様々な原因があるようなので、きっちりと原因を追究し、
改善するように心がけてみてくださいね。

 

高校生ハゲは異伝も関係あるの?

特にハゲの話題になると、遺伝が原因という話題も出てくるようですがやはりこれは高校生にとっても
同様のことがいえるのではないでしょうか。
だからこそ、特に高校生が悩んでいるハゲも遺伝が影響しているのかどうかが気になるところかと思います。
やはり結論から言いますと、高校生のハゲに対しても、遺伝が原因で引き起こされている場合もあるといわれています。
特に男性型脱毛症といえば、男性ホルモンのひとつでもあるテストステロンが、5αリダクターゼと結合することにより、
この結合し、できてしまったジヒドロテストステロンにより引き起こされている脱毛症状のひとつでもありますよね。
特にここでいう遺伝としてとらえるべき部分は、この5αリダクターゼに対してや、男性ホルモンレセプターに対してであると
考えられています。いわば男性ホルモンを受ける受容体のことですね。
遺伝によるリスクがあるということがわかり、特に薄毛が気になっているのであれば、しっかりと薄毛対策をすることも大切では
あるかと思います。
ですがだからといって、高校生のハゲの悩み全部が遺伝が原因となっているということではなく、生活習慣など自らが原因となって
引き起こされているハゲの悩みも当然あるということがいえるのではないでしょうか。
だからこそ、しっかりと薄毛対策をする際には、自分のハゲは遺伝なのか、もしくは遺伝ではなく他の生活習慣が原因で引き起こされているハゲ
なのかなどをきちんと踏まえて対策をしてみることも大切だといえます。