はげの原因になるタバコ

はげの原因になるタバコ

 

タバコと薄毛の関係とは?

喫煙するスポットがだんだんと減少傾向にある世の中ですが、やはりそれでもなおタバコを吸うことをやめられない!なんていう方も多いかと思います。

 

ですがそんなタバコがあなたの薄毛になる原因を引き起こしているとしたら・・・どうしますか?
そもそも、タバコのイメージは何といっても薄毛よりも肺が汚れるということや、何よりも肺がんリスクが高まる!なんていう事の方が大きいかと思います。
まあ、確かに薄毛よりも命にかかわることでもあるため、より一層こういったことばかりに意識が向いてしまうのもある意味当然のことといえば当然のことなのですが、それでもなお喫煙をやめることができないという方がいるのも現実ですよね。

 

ですが、そんなタバコが一体なぜ薄毛の原因になるといわれているのでしょうか。
タバコはそもそも有害物質の塊!なんていっても過言ではありませんよね。そんなタバコの有害物質の代表でもあるニコチンは、血行不良状態を引き起こしてきます。
この血行不良状態になってしまいますと、どうしてもスムーズに血液を通して栄養を髪の毛に届けにくくなってしまうので、このことが原因で薄毛になってしまうとも言われているようです。

 

また、この反面タバコが体に悪いということに気づき、禁煙をしよう努力をしている方も多いかと思います。
ですがこの禁煙をしようという努力自体がストレスになってしまい、皮肉なことに薄毛の原因であるストレスにつながってしまっている場合もあるようなので、この辺りも注意したいところですね。

 

血行不良にも影響がある!?

とにかく、タバコは血行不良と密接に関係しているものであるということをもう一度しっかりと理解しましょう!!
有害物質であるニコチンがタバコには含まれているのですが、喫煙をするという行動をとることでこのニコチンが体内に入ってきます。
このことにより、体の中は血行不良状態に陥ります。
これは、自律神経をニコチンが刺激することにより、血管が収縮してしまうことにより引き起こされるといわれているようです。

 

この状態になってしまいますと、当然ながら血行不良で髪の毛に栄養が行き渡らなくなる状態になってしまうようなんですね・・・。
元々、私たち人間の体の造りとしては、命に関係のある重要な部分を特に優先づけて栄養が行き届くようになっています。

 

このよくできた私たち人間の体の造りはとても素晴らしいものですが、残念なことに髪の毛は命に関係のある重要な部分である、とは考えにくいということがわかります。
そうなんです、優先順位として考えてみるとお分かりの通り、かなり優先順位では下なのです。

 

ですからこのことにより、血行不良になってしまった際には髪の毛に栄養が行き渡らなくなってしまい、栄養不足状態となり髪の毛がスムーズに成長しないなどの薄毛の原因を引き起こしてしまうというわけなのです。

 

いかがでしょうか。このようにタバコと血行不良の関係性を改めてチェックしてみても、かなり影響力があるということがよくわかるのではないでしょうか。

 

ビタミン不足もまさかのニコチンが原因!?

タバコは血行不良を引き起こす・・・これだけでもなかなか髪の毛の悩みを抱えている方にとっては
かなり恐怖を感じてしまうかと思うのですが、実はタバコに含まれているニコチンの威力はまだまだ存在します!

 

実はニコチンがビタミンを壊すということはご存知ですか?
そもそもビタミンといえば、何となく代表格のひとつとしてビタミンCが思い浮かぶと思います。

 

そんなビタミンCは肌の代謝を助ける存在であるということは理解している方も多いのではないでしょうか。
このようなビタミン達がニコチンが壊すことで、ビタミン不足を引き起こしてしまうのはやはり怖いですよね。

 

ですがこれだけならまだしも、ビタミンEは血行促進の働きをしてくれるビタミンEまでもがニコチンが原因で不足してしまったら・・・。
そうです、ニコチンでの血行不良状態をさらに引き起こす状況を作りあげてしまうということになってしまいますよね!

 

やはりこのように、ニコチンがビタミンを壊すという部分を考えてみても、喫煙することでニコチンを体内に取り入れることは髪の毛に対してはもちろんのこと、体の健康面を考えてみても良いことはないということがよくわかりますね。

 

タバコでストレス、あなたは大丈夫?

喫煙によるニコチンの影響が怖い!!健康面や自分の髪の毛のことを考えてみると、タバコを吸うこと自体がストレスに感じる方も多いのではないでしょうか。
ですがだからといってかなり無理に禁煙を心がけても、実際にはタバコを吸いたい気持ちを無理に抑え込み、イライラする状態を自ら引き起こしてしまうことになりますよね。

 

ニコチンの影響によるビタミン不足が気になることから、このようにいきなり無理な禁煙に踏み切っても、タバコを吸うことができないイライラを募らせ、さらにそれがストレスとなってしまい、このストレスによるビタミン不足を引き起こしてしまう可能性もあるといわれています。

 

・・・ある意味これじゃ、どうしようもないし堂々巡りじゃないか!なんて思ってしまう方もいるかもしれませんが、禁煙をすることが出来ている人は世の中に全くいないというわけではなく、禁煙を無事成功させている人も世の中に存在するのは事実です。
無理な禁煙方法に取り組むからこそ、タバコを吸いたいというイライラ感が募り、結局は禁煙に失敗してしまう状態を自ら作り上げてしまうわけなんですね。

 

だからこそ、しっかりと禁煙を意識しているのなら、自分に合った禁煙方法に取り組むということも大切だといえるのではないでしょうか。
今までタバコを吸ってストレス発散をしていたのにもかかわらず、さらに無理な禁煙を心がけたせいで今度はタバコを吸うことでストレスを感じてしまい、この余計なストレスのせいでタバコを吸い続けていては、元も子もないような気がしませんか。

 

タバコによる悪玉コレステロールへの影響

タバコを吸う方に、またまたさらに残念なお知らせを一つしたいと思います。
実はタバコを吸うことで、血中の悪玉コレステロールが増加してしまうのだそうです。

 

ですが私たち人間の体はうまくできているようで、そんな悪玉コレステロールを何とか減らそうという働きもすることができるようなんです。
それがいわゆるタウリンの生成なんですね。
このタウリンの生成は、何も影響が出ずに生成することができるわけではありません。
アミノ酸の一種であるメチオニンを消費することで、タウリンを生成することができるのです。

 

・・・ですがこのメチオニンは実は髪の毛を作るうえでも欠かせない栄養素の一つなんですね。
そんなメチオニンがどんどんタバコを吸った際に作られる悪玉コレステロールをの対処のためのタウリン生成に使われてしまいますと、髪の毛に対して今度は栄養不足状態を引き起こしてしまいます。
髪の毛を作るうえで、栄養が足りていない状態はどのようなことを指すのか・・・もうあなたならお分かりのはず。

 

だからこそ、しっかりと健康的な髪の毛を目指したい!薄毛を何とか改善させたい!なんて思っているのなら、悪玉コレステロールのたまえに髪の毛に対しても貴重な栄養でもあるといえるメチオニンの無駄な消費はそろそろやめにしませんか?