ハゲになる食事

ハゲになる食事

 

はげの原因にもなる食べ物

皆さんはどのような食生活を日頃から送っていますか?
自分の好みの物ばかりを食べている人や欧米化した食生活を満喫されている方も多いのではないでしょうか。
ですがもし、自分が食べている食べ物が自分のはげに関係しているとしたら、あなたはどうしますか・・・。
食べ物には、はげの原因を改善させることができる食べ物や、逆にはげの原因を作り出してしまう可能性がある
食べ物があるということはご存知ですか?
元々私たちの体は、食べ物からでしか基本は作られないといわれてますよね!
だからこそしっかりと日ごろから特にはげが気になる方は、自分の食べている食べ物にも意識を注いで
食べ物からはげの原因を改善させていってほしいなと思います。
今回はそんなはげの原因になってしまう食べ物や、はげの改善を目指す食べ物について触れていきたいと思います。
先ずは自分ができるところから、ぜひ参考にして食べ物面から是非はげに対して取り組んでみてくださいね!

 

ハゲに効く食べ物

はげにオススメだといわれている食べ物を今回はご紹介します!

 

*納豆・・・リーズナブルな価格でまさに日本人のソウルフード!といっても過言ではない納豆は、大豆でおなじみの
イソフラボンが含まれているだけではなくたんぱく質も豊富に含まれていることで話題ですよね。
特にイソフラボンは、テストステロンの分泌の抑制が期待できるとして話題なのだとか。
また、そのほかにもナットウキナーゼによる血液のサラサラ効果も期待できるのだそうです。

 

*豆腐・・・豆腐にも、納豆のようにイソフラボンやたんぱく質がしっかりと含まれていますよね。
納豆と同様にこちらもリーズナブルな価格で手軽に食材に取り入れやすいので、日頃からこまめに取り入れることを
おすすめします。

 

*牡蠣・・・亜鉛がとにかく髪の毛に対してもとても大切な成分であるということはもうご存知かと思います。
そんな亜鉛が牡蠣にはとても多く含まれているのだそうです。特に牡蠣の中でも、生牡蠣がより豊富に含んでいるようなので、
機会を見つけて取り入れたいところですね。

 

*のり・・・のりは髪の毛にいいんだ!ということはどこかで一度は耳にしたことがある方も多いかと思います。
このように語り継がれているとおりで、のりはただ見た目的に髪の毛におすすめな食べ物というわけではなく、ビタミンCが
豊富に含まれていることや、ビタミンA、ビタミンB2といった成分も含まれている点から、オススメな食材であると
いわれています。

 

*緑黄色野菜・・・ビタミンA、ビタミンB2といったビタミン類が緑黄色野菜には豊富に含まれています。
ですからやはりしっかりと日ごろから、緑黄色野菜を取り入れた食生活にも配慮することをおすすめします。

 

*レバー・・・たんぱく質はもちろんのこと、特に皮脂の分泌の抑制への働きが期待できるビタミンB2も含まれている
食材としてレバーは話題なんです。
頭皮が皮脂でべたついてしまっている状態ですと頭皮の毛穴のふさがりなども引き起こしてしまうので、しっかりとレバーで
手軽にビタミンB2の摂取も心掛けたいところですよね。

 

今回取りあげた食材はとにかく日常的に手軽に取り入れることができる食べ物ばかりです。
この機会にぜひスーパーで自分の食事の食材を購入する際は、上記の食べ物を意識して取り入れてみてくださいね!

 

はげに効く食生活とサプリメント

血流がスムーズに流れなければ、毛母細胞に栄養をしっかりと届けることができなくなってしまいます。
栄養がしっかりと届かない場合はどうなるのかといいますと、いわゆる「栄養不足状態」となってしまい、
はげの状態を作り出してしまうことの原因になってしまいます。
特に、髪の毛を作るのに欠かせないタンパク質やミネラルは基本中の基本です。
そのほかにも、頭皮の代謝に欠かせないビタミンB群や頭皮の健やかさに対してはビタミンA、
コラーゲンの生成に欠かせないビタミンCなどへの意識も忘れずに取り入れることをおすすめします。
また、このような栄養面だけではなく血流が悪い状態ですとこの状態を何とかしようと体は男性ホルモンの一つである
テストステロンの分泌を促すように働きかけるともいわれているようです。
(これだけをみると、本当に人間の体ってよくできていますね!)
ですが、この男性ホルモンの一つであるテストステロンの分泌が促されてしまうと、今度はジヒドロテストステロンまでもが
一緒に増加してしまうことにもつながるようで、これがまさにはげにも栄養を与えてしまうのだとか・・・!!
やはりしっかりとまずは、栄養不足状態を改善するために、食生活の意識はもちろんのこと食生活で取り入れることが
難しい栄養面はサプリメントでカバーするということも大切なことなだといえますよね。

 

ハゲによくない食べ物

はげの悩みを抱えた際に良くないといわれている食べ物にはいったいどのような
食べ物があるのでしょうか??

 

・スナック菓子
大好きな方もとてお多いかもしれませんが、残念ながらはげに対しては良くない食べ物であると
言われています。
特に添加物が多く、油分が多い食べ物としてスナック菓子をご存知の方が多いかと思いますが、
まさにこれらの添加物や油分は、どうしても栄養の不足さや血行不良さがあげられてしまいます。

 

・ラーメン
特に冬などの寒い季節はかなり食べる頻度が増える食事でもあるのですが、やはりラーメンも
油分がかなり含まれている食べ物であることから良くない食べ物としてとりあげられてしまうようですね。

 

・お酒
お酒は、一定の量であれば血行促進が期待できるので悪くはないようですが、やはり飲みすぎて
しまった場合は良くない食べ物(飲み物?)として取り上げられてしまうようですね。
特にお酒が強い方も、しっかりと自分の髪の毛のことを考えてほどほどに飲むように気を付けましょう。

 

はげの悩みを抱えた際に良くないといわれている食べ物は、とにかく大半の方が大好物として取り上げる食べ物ばかりである
ことがよくわかります。
特に全く我慢して食べない!という状態ではストレスにもつながってしまうと思いますので、しっかりと栄養バランスを考慮して
適度の量を楽しむようにしてみるなどの工夫をとってみるとよいのではないでしょうか。

 

ハゲにはタンパク質が大事

抜け毛が気になり始めたら、特にたんぱく質にも意識を向けてみることをおすすめします。
特に大豆イソフラボンは、女性ホルモンでおなじみのエストロゲンと類似した働きがあるともいわれています。
そんな大豆イソフラボンは、男性ホルモンを抑えることも期待できるといわれているので、男性ホルモンが原因となっている
いわゆる男性型脱毛症が気になる方にもおすすめすることができる成分です。
意外と「大豆イソフラボン」の話題になるとどうしても女性ホルモンのイメージが強いことから、男性には関係のない成分の
ように思われがちかと思いますが、そんなことはないということがよくわかります。
ぜひ、はげの悩みを抱えている男性の方はもう一度たんぱく質の重要性を再度見直し、大豆イソフラボンの成分も
取り入れる食生活を心がけてみるとよいかと思います。
食事はもちろんのこと、食事が難しいのであれば、サプリメントなどもうまく活用することでより
効率よく取り入れることができます。

 

身体にとって必要な栄養素は厚生労働省も以下のようにまとめています。
(※http://www1.mhlw.go.jp/topics/kenko21_11/b1.html