ハゲの原因になりうる睡眠

ハゲの原因になりうる睡眠

 

睡眠不足がハゲの原因に

睡眠不足がハゲの原因になるという話題はよく耳にしますが、いったいこれはなぜなのでしょうか?
そもそも私たちは意外かもしれませんが、日頃髪の毛に対して色々なダメージを受けてしまっているんです!
特に代表的なものでいうと、紫外線もそうですし、そのほかにもちょっとした行動で髪の毛にダメージを
与えてしまっていることも多々あるようなんですね。
意外とこのように髪の毛は繊細なもので、自分が思っている以上に毎日ダメージを受けてしまっているものであるようです。
そんなダメージを受けてしまった髪の毛は、ダメージを受けて傷ついたままではなくしっかりと修復されるのですが、
それがいつかといいますと「睡眠中」なのだそうです。
自分が睡眠している最中にしっかりとダメージを修復しているなんて、本当にすごい!と感じる方も多いかと思いますが
その反面、睡眠不足状態が続いてしまっている場合は当然ながらダメージが回復できていない状態であるということが
いえてしまいますよね。
ダメージが回復されなければ、ダメージを負った髪の毛はどうなるのか・・・想像するだけでハゲの悩みを抱えている人は
特にぞっとしませんか?

 

 

睡眠不足でハゲないために対策

睡眠中にしっかりと髪の毛はダメージの回復を図ることができるということを知ったからこそ、より睡眠の
大切さを知ることができた方も多いのではないでしょうか。
ですがだからといって、睡眠不足を補うために仕事が休みの日に昼過ぎまで寝だめ状態、では効率よく回復を図ることは
難しいようですよ!
では一体睡眠を利用して、はげないために髪の毛のダメージの回復を図るにはどうしたらいいのかといいますと、これは
睡眠の質に重視した睡眠をとることがポイントとなります!
特に夜22時〜朝2時までは、回復する力も高まっているといわれている時間帯のようなのです。
ですからこの時間帯は睡眠時間として取り入れるようにし、睡眠時間としても6時間以上睡眠の時間をとるように心がける
ことが大切だといわれています。
意外と忙しい生活を送っていると、難しいと感じる方もいるかもしれませんが、できる限り髪の毛のことを考えるのなら
きちんと睡眠の質に意識を向けて、オススメだといわれている睡眠時間帯と睡眠時間を取り入れて髪の毛の回復を
図ってみるとよいかと思います。

 

 

髪の毛が1番生えやすい時間

髪の毛が1番生えやすい時間は何時なのかも気になるところですよね。
髪の毛が生えることに対しても、やはり成長ホルモンの分泌が関係しているようです。
このことからも、特に成長ホルモンの分泌がされている時間帯が、髪の毛が1番生えやすい時間帯でもあるということが
まずひとつのポイントとなります。
また、成長ホルモンにより栄養素が髪の毛に届くには毛母細胞の働きも必要となってきます。
そこで毛母細胞の働きもより活発な時間帯を利用することも大切となってきます。
特に毛母細胞が活発な時間帯は、夜10時〜深夜2時といわれており、成長ホルモンは深夜1時〜深夜2時が
最も分泌されやすい時間帯であるといわれているのだとか。
これらをまとめると、特に夜10時〜深夜2時の時間帯が、オススメな時間帯というわけなんですね。
この時間はしっかりと睡眠をとって、髪の毛が生えやすい習慣を送ってみることも大切なのではないでしょうか。
意外と難しいことのように感じる方もいるかもしれませんが、まずはできる日からチャレンジしてみましょう!

 

良質な睡眠をとるために

ただ睡眠をとればよいというだけではなく「良質な」睡眠を取るように心がけることがとにかく大切です。
ですが日頃からなかなか良質な睡眠をとることができず、苦労している方もいるのではないでしょうか。
今回はそんな良質な睡眠をとるために、いくつかのオススメな方法をご紹介したいと思います!
特に、良質な睡眠をとるためのコツは何といっても「リラックスすること」です。
日頃からシャワーだけでお風呂を済ませている方は、しっかりとバスタブにお湯をため、ゆっくりとお風呂に
浸かってみることもおすすめします。
これだけでもかなりリラックスして良質な睡眠をとることができると思いますし、その際にお気に入りの入浴剤などを
活用することでさらにリラックスすることができると思います。
また、カーテンも遮光カーテンにすることで、窓から入る光の量も調節することができるので、おすすめです。
このほかにも、自分がリラックスすることができるような音楽を寝る前にかけてみるなど、自分なりにリラックスすることが
できる工夫を施し、ぜひ良質な睡眠をとるように心がけた生活をおくってみてくださいね。

 

 

お風呂の後に寝る場合

お風呂に入ってすっきりした後に寝る方が大半だと思いますがその際に髪の毛が濡れたままの状態で寝る
方もいるようですね。
ですがこれは全くおすすめすることができない行動です!
しっかりとお風呂の後は、面倒だと感じる方もいるかもしれませんが、髪の毛を乾かすようにして寝てください。
髪の毛を乾かさないままでいると、雑菌の繁殖によるフケやかゆみの原因を自ら作り出してしまうことになりますし、
この状態は全く頭皮や髪の毛に良い影響を与えません。
それ以外にも枕部分の雑菌の繁殖も気になりますよね・・・。
また、それ以外にも濡れたままの状態で寝てしまうことで、風邪をひいてしまう可能性もあることを考えると
なおさらですよね。
ですからきちんと雑菌の繁殖をはじめとしたあらゆるリスクを回避するためにドライヤーで髪の毛を乾かしてから
寝るようにしましょう。
特に夏場などは、ドライヤーで髪を乾かす習慣がない、という方もいるかもしれませんがぜひその習慣、
改善するように心がけましょう!

 

詳しい睡眠については、厚生労働省のホームページ「健康づくりのための睡眠指針」も参考にしています。