ハゲの原因は遺伝が大きい!?

ハゲの原因は遺伝が大きい!?

 

ハゲにまつわる遺伝の仕組みとは?

ハゲは遺伝する!なんていう話題、よく耳にしますよね。
ですがそもそも、学生の頃に遺伝の仕組みを理科で習ったものの、遺伝の仕組み自体を忘れている・・・なんていう方も多いかと思います。
今回はそんなハゲの遺伝について、遺伝の仕組みから確認していきましょう!

 

そもそも、遺伝の基本としては父親がXY、母親がXという染色体となっています。
ここから、男性は父親からはY、母親からX、女性はどちらからもXの染色体を引き継ぐといわれています。
このようにして、様々な遺伝子を受け継いでいくわけですが、そんな遺伝子の一つである薄毛遺伝子はXの染色体にあると考えられているようです。

 

・・・そうなんです!つまりハゲの遺伝は母親から遺伝される、ということなんですね。
ですが男性だけではなく女性も母親の染色体を受け継いでいることから女性も男性のようにハゲの遺伝を受け継ぐ状態であるにも関わらず、ハゲで悩んでいるのは男性ばかり。

 

ここに疑問を持つ方も多いかもしれませんが、女性の場合は女性ホルモンのおかげで薄毛の遺伝子の影響が受けにくいのではと考えられているのだそうです。
結局このことから、母親がハゲているかどうかで、ハゲの遺伝があるのかないのかの判断をすることが難しいというわけなんですね。

 

ちなみにこのような単純な遺伝ではなく、隔世遺伝からくるハゲは遺伝する!という話題もあることから、自分のハゲは遺伝なのかを考える際には、この隔世遺伝に対しても視野に入れておくことも大切だといえそうです。

 

一見してみると、わかりにくそうな遺伝の仕組みも、自分が悩んでいる事柄から考えると意外と理解しやすいような気もしますね。

 

薄毛の遺伝子が存在する!?〜デンセイホルモン受容遺伝子について〜

遺伝子にデンセイホルモン受容遺伝子という遺伝子があるのですが、この遺伝子こそが薄毛の遺伝子だと言われています。
特にこの遺伝子は先ほども伝えたとおり、X染色体の中にある遺伝子であるにもかかわらず何と働きとして男性ホルモンと関係しているといわれているのだそうです。

 

特に男性ホルモンは脱毛に対しても影響があるといわれているのはもうご存知かと思いますが、このデンセイホルモン受容遺伝子を遺伝している際には特に、この男性ホルモンによる脱毛が増える場合があると考えられているようです。

 

この、デンセイホルモン受容遺伝子と男性ホルモンとの深い関係は、現段階ではしっかりとすべてがわかる状態ではないようなのでまだまだ関係性を調べている途中・・なんていう部分もあるようです。
ですがこのように、やはり遺伝が薄毛の悩みによっては影響があるということを考えると、遺伝の可能性も視野に入れて自分の薄毛の原因を探ることは大切であるということがよくわかりますよね。

 

これからますます、研究が進みこの辺りの関連性も明らかになってくるのでは・・・と、期待したいところなのではないでしょうか。

 

母親がキーワード!?薄毛体質の遺伝

父親がハゲているから自分もハゲの遺伝を・・・なんていう話題、よくしますよね。
ですが父親どころか逆に母親から薄毛になりやすい体質が遺伝するようです。

 

父親と母親、両方の染色体の遺伝を私たちは受けることになりますが、特にその中でもハゲの遺伝は母親の染色体の中に存在するといわれています。
ですから母親自体がこのX染色体の中にハゲの遺伝を持っているのなら、この遺伝を受け継いだ自分もハゲの遺伝を持っているということになるというわけなんですね。

 

もちろん、隔世遺伝も存在することから、遺伝の話題はぱっと見で判断することができるような単純さを持っているものではないということは事実です。
ですがある意味、一つの自分の薄毛の悩みに対しての可能性として遺伝も踏まえて考えることができるといったある意味一種の判断材料として捉えることができるようになるのではないでしょうか。

 

今まで父親の頭ばかりを見て、考え込んでいたけどまさか母親の遺伝の影響の可能性もあるとは・・・。
このように思ったのなら、やはりより遺伝によるハゲに対しての意識もぐっと大分かわってくるのではないかなと思います。

 

遺伝以外のハゲの原因について

とにかくハゲの原因のひとつに、このように遺伝もとらえることができるということがわかりました。

 

ですがだからといってすべてのハゲの原因が遺伝である、というわけではありません。
日頃の自分の生活習慣があなたを悩ませるそのハゲの原因となっている場合だってあるということを忘れてはいけないと思います。

 

特に食生活の乱れも、ハゲに影響を与えてしまう理由の一つとしてとらえることができます。
ストレスをため込む生活やたばこを吸う生活を送り、しっかりと睡眠をとることが出来ないだけでもホルモンバランスの乱れを引き起こしてしまう可能性を高めてしまいますよね。

 

こういった生活習慣により男性ホルモンが乱れてしまうことが原因でハゲの状況を作りだしてしまっている可能性だってあるのですから。
またこのほかにも、頭皮環境の悪化を自ら引き起こしてしまっている行動をとっているのなら、この行動による頭皮環境の悪化もハゲに影響しているとも考えることができます。

 

このようにざっくりと生活の一部を取り上げてみてもわかるとおり、ハゲの原因は何も遺伝だけではなく、日常生活のあちこちに散らばっており誰もがハゲの可能性を抱えている場合があるということがいえるわけです。

 

ですから自分の生活を見直すことなく、ただ独断で勝手に自分のハゲは遺伝によるものだと決めつけてしまうのも、良いことではないといえるのではないでしょうか。
しっかりと、遺伝のことも視野にいれつつ、自分の生活を見直してみることも大切だと思いますし、何よりもそれが自分の本当のハゲの原因を見つけ出す近道であるともいえるのではないでしょうか。

 

自分にハゲの遺伝子はあるの?その調査方法とは?

自分がそもそも、はげやすい遺伝を持っているのかどうかをしっかりと知りたい!

 

見た目ではわかりにくいことから、自分がハゲの遺伝を実際に受け継いだのかどうかを知るにはどうしたらいいのかが気になる、という方も多いようです。
ですが、意外とある方法を使うだけでさくっと自分がハゲに対しての遺伝子を持っているのかどうかを調べることができちゃうようです。

 

その方法というのが「AGA遺伝子検査」なのだそうです。
この検査方法は、とても簡単で自分の口の中の粘膜を採取するという方法で検査することができる方法なのだとか。

 

ちなみに、検査キッドや医療機関で受けることができる検査なようなので、気になる方は問い合わせをして検査を受けてみるのも方法のひとつだと思います。
しっかりと適正な検査で、検査を受けておくことで、しっかりと遺伝子を持っているのかどうかを把握することができ、もし遺伝子を持っている際にはどのような対処をしたらいいのかといった次の行動へも移りやすくなると思うのでよさそうですよね。

 

逆にAGA遺伝子検査で遺伝を持っていないことがわかったのなら、自分が抱えているハゲの悩みは別のことが原因となっているということもわかると思いますし。
しっかりと自分のハゲに対して、遺伝子はどうなのかが気になるのなら、AGA遺伝子検査を受けるのも良いのではないかなと思います。