男性ホルモンが原因でもはげる?

男性ホルモンが原因でもはげる?

 

実際は男性ホルモンが多いと本当にハゲるの?

男性ホルモンが多いとハゲるんだって!こんな話題、よく耳にしますよね。
ですが実際のところ、本当なのでしょうか・・・。

 

結論からお伝えしますと、どうやら男性ホルモンが多くても男性ホルモンが直接的な原因でハゲるとは言えないようです。
ですが、実際に男性ホルモンが多いとハゲるなんていう話題がよく飛び交っていることから、ある意味この結論、信じられませんよね。
特に男性型脱毛症と呼ばれるいわゆるAGAになってしまっている方は特にそう思うのではないでしょうか。

 

ですが、この症状自体もそもそも男性ホルモンが多いのが原因というわけではなく、5αリダクターゼが男性ホルモンであるテストステロンに結合されることで、ジヒドロテストステロンになってしまうことが原因であるといわれています。

 

また、これ以外にも男性のハゲは、男性ホルモンが影響しているハゲだけではなく食生活をはじめとしたその人自身の生活習慣も大いに関係しているとも考えられています。
ですからこれらのことを踏まえてみても、男性ホルモンが多いとハゲる!ということは断言できない、ということがよくわかるのではないでしょうか。

 

ただ単に男性ホルモンが多いのが原因で・・・なんてそれだけの理由でハゲを片付けて落ち込んでる暇があるのなら、やはりしっかりと自分がどうしてハゲてしまったのかを探る必要がありそうですね。

 

男性ホルモンの様々な働きを知りたい!

そもそも、男性ホルモンは一体どのような働きがあるのでしょうか。
意外と男性ホルモンの働きをいまいち把握することができていない、なんていう方もいるかと思います。
男性ホルモンの働きには、ざっくりとお伝えしますと、男性器を発達させる、筋肉をつける、ひげと体毛を伸ばす、精子を作る・・・こういったいわば「男性らしさ」への働きがあるといわれています。

 

ちなみにそんな男性ホルモンは、大半が睾丸で分泌されています。
そんな男性ホルモンが低下すると精神の問題も起こるとまで言われているほど、やはり欠かすことが出来ないホルモンの一種でもあるようです。
そんな男性ホルモンの一種にテストステロンと呼ばれるものがあるのですご存知でしょうか。

 

このテストステロンが5αリダクターゼが結合されることにより、ジヒドロテストステロンが作られてしまうのですが、実はこのことが男性の薄毛に影響を与えてしまうのだそうです!

 

男性ホルモンは、このように男性ならではの薄毛の悩みにも影響を与えてしまうものもあるようなので、この辺りもしっかりと意識してうまく男性ホルモンを意識して生活をしていくようにすることも大切だといえそうですね。

 

男性ホルモンが低下することで現れる影響とは

男性ホルモンが様々な影響を与える存在であるということはお分かりいただけたかと思います。
ですがそんな男性ホルモンが低下してしまうと、どのような症状が体に現れるのでしょうか。
男性ホルモンが低下すると、男性ならではのお悩みでおなじみの勃起不全、つまりEDに悩まされることもあるようです。
特にこれは男性としては、かなり重大な問題でもありますよね。

 

またそれだけではなく、睡眠障害やうつ症状、さらには集中力がなくなる状態も体に現れる場合があるようです。
もちろんすべての症状が体に現れるというわけではなく、これらの中から一つだけ実感するという方や複数症状として実感するなど、人により症状の度合いや種類は様々だと思います。
ですがどの症状もはっきり言って、症状として現れてほしくない症状であるのは間違いないので、このあたりからもしっかりと日ごろから男性ホルモンに対しても意識を向けて生活を送ることも大切だといえるのではないでしょうか。

 

特に、ED以外の症状は男性ホルモンが関係しているとは考えにくい症状でもあるかと思います。

 

だからこそ、もし今の時点で、これらの症状で悩んでいる方がいるのならもしかしたら男性ホルモンの低下が関係しているかもしれませんのでこの辺りも視野に入れて、改善を目指すことも大切だと思いますよ!

 

男性ホルモンと抜け毛の関係とは?

男性ホルモンが抜け毛につながる原因はいったい何なのでしょうか。
男性ホルモンの一種に、テストステロンと呼ばれるホルモンがあるのはご存知ですか?
このテストステロンが、5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結合されてしまうことにより、出来てしまうのがジヒドロテストステロンと呼ばれるものなのですが、このジヒドロテストステロンがAGAでおなじみの男性型脱毛症の原因であるとも言われているようです。

 

特に髪の毛にはヘアサイクルというものが存在するわけですが、AGAになっている状態の場合は、ヘアサイクルのうちの成長期が短くなってしまうことから、きちんと成長させることが出来る前にヘアサイクルでのいわゆる退行期に入ってしまいます。
そんなある意味弱々しさを持っている髪の毛は当然ながら、健康にしっかりとヘアサイクルに沿って成長した髪の毛よりも抜けやすく、抜け毛につながってしまうのは、ある意味理解することができると思いませんか?

 

このようにテストステロンが変化しジヒドロテストステロンになってしまうことで、きちんとした髪の毛を作りだすことが難しくなってしまうことから、男性ホルモンが抜け毛につながってしまう原因になってしまうこともある、というわけなんですね。

 

男性ホルモン以外の薄毛の原因はこれだ!

ですが、ただ単に薄毛につながる原因が男性ホルモンが多いということが原因になっているというわけではありません。
特に、薄毛につながってしまう原因はあなたのかなり身近に存在している、ということはご存じでしょうか。

 

日頃から食事は、油物ばかりのこってり系が大好きだから油ものばかり、しょっぱいものが好みだから塩分の多いものをチョイスしている・・・なんていう男性の方はとにかく多いかと思います。
ですがこのような食生活の乱れも実は薄毛の原因につながるということはご存知でしょうか。
これだけではなく、日頃から栄養のバランスを考えずに食事をし、栄養不足状態になっていませんか?

 

こういったある意味食生活の乱れにより、盗品環境の悪化を引き起こしてしまう場合もあるのです。
頭皮環境の悪化を引き起こしてしまうと、頭皮のかゆみやフケが気になる状態になることもあります。

 

このような頭皮環境が良いとは言えない状態で、しっかりと健康的な髪の毛が育つ・・・わけがありませんよね。
またこのほかにも仕事などからくる日々のストレスはもちろんのこと、睡眠不足も影響を与えてしまいます。

 

特にこれらが原因となる血行不良状態から、しっかりとスムーズに髪の毛に対し栄養を送ることが出来なければ、さらにこれにより薄毛の状態を引き起こす可能性も浮上してきてしまいます。
最近では眼精疲労に悩まされている方も多いかと思いますが、眼精疲労になることで、血行不良を引き起こしてしまうということはご存知でしょうか。

 

日頃の食生活をはじめとした生活習慣だけでも、薄毛につながる可能性がある状況であるにもかかわらず、眼精疲労もプラスされされにこのことにより血行不良状態で薄毛を自ら引き起こしているなんて・・・考えてみただけでもぞっとしますよね!
しっかりと、上記にあげたどれかの状態が自分にあてはまる方は、改善を意識して生活習慣を変えてみませんか?