ハゲになる原因

 

ハゲになる大きな理由

ハゲになる大きな原因としておおざっぱに分けると挙げられるのが5つほどあります。
まずは、男性ホルモン。
次に食事、睡眠、運動、シャンプーになります。
それではここから、それぞれの原因を順番に解説していきたいと思います。

 

まず一番最初にこのページで、解説するのは男性ホルモンによる薄毛についてです。

 

男性ホルモンによる薄毛はどのようにして頭皮に作用するのか?
それは、体内にある5αリダクターゼっていう還元酵素と男性ホルモンのテストステロンが結びつくことによってジヒドロテストステロンが体内で作られます。
このジヒドロテストステロンが諸悪の根源であり髪の毛を作る製造元の毛乳頭に悪さをします。
毛乳頭は血液を髪の毛に送る部分なのでこの毛乳頭がダメージを受ければ、髪に影響がないはずがありません。

 

ジヒドロテストステロンが作用する部分は、額のM字部分と頭頂部の部分だと言われています。
なんでかっていうとその部分には男性ホルモンの受容体があるからのようです。
側頭部や後頭部がハゲないのはこの男性ホルモンの受容体がないからなんですね。

 

なので、M字部分や頭頂部の毛が薄くなってきたら男性ホルモンの可能性が高いと考えてもいいでしょう。
ただ、先にも言っている通りハゲになる理由は1つではありません。
いろんな原因が絡み合って発生してしまうんです。
特に額部分は、血流が滞りやすい部分でもあるので男性ホルモンの影響を受けなくても薄くなりやすい部分ですしね。

 

この男性ホルモンによる薄毛をAGA(男性型脱毛症)と呼びます。
最近爆笑問題なんかがTVCMも頻繁にやっているので知っている方も多いと思います。

 

AGA治療では、上に書いたジヒドロテストステロンに変わるのを抑える薬で薄毛を防ぐことができるんです。
ただ、喜んでばかりもいられなくて、この薬には性欲減退などの強い副作用もあります。
治療をするのであればこういった副作用も考えながら使わなければいけないのです。

 

そういったことを踏まえながら、このサイトを読み育毛活動をしていただければと思っています。

 

育毛剤 ランキング